2007年03月31日

窓際のりんくん

「ふぅ・・・」あの日からりんくんの様子がおかしいのです。兄弟にゃんこ達がみんなみるくに夢中になっているときも、あまり興味を示さず(もちろんりんくんから見ても可愛いのには違いないはずですが)窓際に座ってず〜っとぼんやりしているのでした。あの日・・・らんちゃんとのデートから帰ってきたりんくんは後悔していました。「男の子なのにボートをまっすぐ漕げなかった・・・幻滅してるんだろうなぁ・・・」食欲もありません、みんなでご飯を食べていても、その味を楽しむことができません。今日も気がつけばらんちゃんのことを想っています。みんながみるくをちやほやしている時に、あきにゃんとルルだけはりんくんの異変に気がついたのでした。「・・・恋煩いね、りんももう子供じゃにゃいのね」「うん、幼なじみのらんちゃんと・・・この前デートしてたから、きっとそれだよ」「もうちょっと勇気出せばいいのににゃ」「まぁまぁ、それがりんくんの個性でもあるしさー」そんなりんの話を知らないままに、男の子にゃんこ達は明日のみるくのくじら公園デビューを果たすべく心をウキウキさせているのでした。

ニックネーム かつぶし at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント